2019年10月11日金曜日

イシハラスタイルプロジェクトの打ち合わせ(18)〈愛知県西尾市・碧南市〉


イシハラスタイル股旅ワークショップに参加しました。レギュラーメンバーの村澤さんに加えて、大瀧建築からは大瀧さん・雄也さん・彩央里さんの3名と、sailの中村さんが参加。まずは、間も無く完成する現場で、デスクとソファが一体になった造作家具の完成品検証。初めての仕様となる背クッションの仕上がりが上々。皆それぞれのお尻と背中で、座り心地を体感しました。



小さなところに潜む大きな問題に目を向けるのが、イシハラスタイルの特徴の一つだと思っています。これはこーゆーもんだよね、をこーゆーもんだとスルーせずに、小さなひっかかりに気づき、すっきりするまで考え続けます。今回は、智葉さん渾身の小枝(=開発ネーム)のプロトタイプができあがってきて、その最強の出来栄えに、ここ数年考え続けていた問題が解決するかも(^ ^)という予感で、大いに盛りあがりました。
盛り上がるといえば、最強の湯~チューバー・ゆいちきのチャンネルを見ると、チキンラーメンを食べたい気分が大いに盛りあがるうううううwwwww


BC工房の2020年版新聞折込チラシの撮影(1)〈北海道富良野市〉


BC工房2020年版新聞折込チラシの制作。第2回目の打ち合わせは、藤野を訪ねるのに往復3時間かけながら、ダメだしを頂戴して5分で打ち切りとなる悲劇でしたが、山超え谷超えどうにかこうにか撮影まで漕ぎ着けました。今回も昨年に続いて北海道で撮影。驚きの展開です。



撮影場所は、ル・ゴロワ フラノの庭。建物を背景に椅子に座る人を撮影します。前日にリハを行うという念の入れようです。鈴木さんが発するピリピリとした波動に、レイちゃんと五郎丸が反応して吠えながら芝の上を走り回ります。
結局薬局、撮影は無事に完了。バッチシ。しかしエネルギーは使い果たし、やっとこすっとこ東京に戻ってきました。
東京といえば、hy4_4yhの故郷東京のMVは、疲れたからだを癒してくれるようにしっとりとして、YAVAY!!のころとぜんぜん違くてどっちもヤバイ!

2019年9月20日金曜日

丸晴工務店 大工工務店ライブプロジェクトの打ち合わせ〈川崎市多摩区〉


モデルハウスのサインデザインの打ち合わせをしたいと、丸晴工務店の濃沼さんに声をかけてもらい、打ち合わせに行ってきました。
丸晴工務店初のモデルハウス。ここにじゃんじゃん集客してばりばり契約をとっていこうと、そんな単純な話ではありませんでした。濃沼さん、もっと遠くを見ているというか、足元をしっかり見ているというか、考えていることが丸太の棟のように太い。



あれこれマルチに思考を巡らす濃沼さんですが、一つの方向として、大工の技術や丸晴工務店のデザインをライブで伝えていきたい考えは明快でした。今の伝え方はそうなんじゃないかな、と。
古い墨壺や名匠がつくった大工道具と、デジタル機器や情報端末がいい感じでごちゃごちゃ混在している丸晴工務店。新しいライブコミュニケーションはじめます。

はじめますといえば、来月から「時効警察はじめました」がはじまります。主題歌は椎名林檎さんの書下ろし。主題歌配信は930日から、わくわくすっぞ。