2018年4月19日木曜日

GSの収納×リノベーションプロジェクトの打ち合わせ(7)〈東京都中央区〉


今年の初めに難航を伝えた、GSの収納×リノベーションプロジェクト。山を越えて谷を越えて、パイロット版につづく「収納通信 vol.1」に着手しました。
本日は、銀座にあるマトリョーシカのお店、「木の香」で取材撮影を行いました。日本屈指のマトリョーシカのお店です。店長がロシアに通い、手作りのマトリョーシカ(ロシア製はすべて手作り)を直接仕入れています。



店長もスタッフの皆さんも、相当にマトリョーシカにイレコんでいます。あ、上手いこと言った。こけしも、かなりキテます。手塚さんにこけしを語らせると無限に続きます。ちなみに、「無限マトリョーシカ」は、谷山ひろこ版上坂すみれ版もAmazonで視聴・購入できます。無限よ我が愛しきもの。

2018年4月12日木曜日

股旅社中って何だろう(15)〈東京都大田区・横浜市港北区・川崎市多摩区〉


昨年末に津山・米子で開催した股旅社中のツアー。今回は、創建舎丸晴工務店のアテンドで、東京・川崎エリアにおいて開催されました。
初日は創建舎の物件見学。続いて創建舎+丸晴工務店が継続的に行っている特訓系ワークショップの公開ライブ。ここまでやるかという内容に、参加したメンバーたちは「やばい。なんか熱い。」と昂ります、ハイローファンであってもなくても。



二日目は丸晴工務店。手刻みの大工工務店が保有する材料と道具のお宝を拝見。川崎マイスターでもある濃沼代表が登場し、道具のお話と共に名工がつくった道具を披露していただくと、創建舎の大工の皆さんの食いつき方がハンパねぇ。ノミの穂(刃)を研いで研いで研ぎ続けて使い、極限まで穂(刃)がちびた濃沼代表のノミを見ると、大工でなくとも感動的。「ヤバい。なんか熱い。」迫力を感じます。ゆいちきもまじヤバい。

2018年4月6日金曜日

秋月木工のAKI+プロジェクト2018〈徳島県徳島市〉

昨年のIFFTインテリアライフスタイルリビング以降、仕込み期に突入している秋月木工で、2018年度のAKI+活動計画の打ち合わせを行いました。秋月木工の秋月さん、大二さん、デザイナーの村澤さんエーランチとで、まずは現況の共通認識から。嬉しい動きは、2017年度に投入した新シリーズが良い動きを見せはじめたこと。ココに勢いをつけることと、動きが少ない部分のテコいれが2018年の課題ということで、新作開発&プロモーションに取り組みます。



新作開発の目玉は「仮称・マダヒミーツ」です。今回は2回目の原寸模型の検証。まったく新しい取り組みですが、イケそうな手応えを秋月さん、村澤さんで確信。細部の詰めに入っていけそうです。新作といえば4月は新編成の季節ですね。有働アナとイノッチが「あさイチ」を降板することは知っていましたが、有働アナの退職は寝耳に水でした。後任は大変だと思いますが、ブラタモリから異動の近江アナ&華丸・大吉さん、応援しています!














2018年3月9日金曜日

テーブル工房kikiのほぼ月イチ来徳ミーティング(62)〈徳島県北島町〉


テーブル工房kikiのほぼ月イチ来徳ミーティング。ここんところ、その名の通りほぼ月イチペースで進行中です。先月、商品化についてミーティングを行った新しいスツール、「(仮称)オッケーグーグレ」のホームページの検討と撮影を行いました。



この日はkikiでの来徳ミーティングのほかに、徳島市でとある面接を受けることになっていたため、撮影はマキマキハリーアップ。面接なんて28年ぶりです。BC(現 BC工房)というデザイン事務所の採用面接を受けたのが最後だったでしょうか。会話がはじまって1分後には採用が告知されビールが出てくるという驚きの面接でした。今回は1分では終わらず、ビールも無し、は当たり前ですね。
ところで、阿呆連が70周年を迎え、5月に記念ライブを行うそうです。空飛ぶkenjiが見られるのか。

2018年3月8日木曜日

イシハラスタイルプロジェクトの打ち合わせ(9)〈愛知県西尾市・碧南市・蒲郡市〉


イシハラスタイル村澤一晃さんの股旅ワークショップに参加しました。園田さん都築さん大瀧さんと彩央里さんはほぼレギュラー参加。今回はベガハウスから幸野さん、谷さん、日置さん、sailの中村さん、哲の家具意匠研究室の中野さんと、豪華メンバーが大集結しました。完成物件と建築途中の物件、今回は4件も見学。それぞれに特徴があり、イシハラスタイルがめざす「道具のような家」の考え方が共通で感じ取れます。



エーランチも開発に参加した鉄の郵便受けが、完成物件に施工されていました。タフな郵便受けです。股旅精品カタログにも載せたい渾身の一品です。
後半は、オフィスに集まってこれからオリジナルで開発を進めていく予定の家具と設備、「タフシリーズ」についてディスカッションを行いました。また、昨年の股旅社中デザイン競技会で最優秀賞を受賞したミラーの実製作が進行中。年内に完成予定の物件に採用することを目指します。

2018年2月13日火曜日

テーブル工房kikiのほぼ月イチ来徳ミーティング(61)〈徳島県北島町〉


テーブル工房kikiほぼ月イチ来徳ミーティングの朝、宿泊したホテルの窓から外を見ると真っ白。徳島市内積雪3cmとテレビは報じています。各地に大雪を降らす今年の冬将軍は強敵だぜ。餃子の王将さん、差し入れありがとう!
そんな中で、新しいkiki図鑑は大詰めとなり、今回のミーティングでほぼ責了。入稿のステップに向かいます。



さて、kikiとデザイナーの小泉誠さんとの間では、新しい座具のデザイン開発が進行しています。眉山の見える家プロジェクトで作られたものですが、これをブラッシュアップして商品化するための詰めの検証が行われています。座具の代表作の一角を占める製品になりそうです。ところで、雪が降ろうと暦の上では春。春は別れと出会いの季節。さよならは再び会うまでの遠い約束。T橋さん、今度は東京で会いましょう!

2018年2月9日金曜日

宮崎椅子製作所のCome on!徳島プロジェクト(41)の打ち合わせ〈徳島県鳴門市〉


宮崎椅子製作所Come on!徳島プロジェクトの定例ミーティング。今回は、フォークリフトを操ってはたらくくるま体験、なわけはなく、昨年末からのお題、2018年のプロジェクトテーマをより具体的に話し合いました。そんな中、宮崎さんから、どっかーーーん!!!



予想外の、魔球級のウルトラ変化球のような、ボルケーノ野郎的火山級の新テーマが発表されました。宮崎さんの本領噴火。ミーティングは一気に熱くなりました。新テーマに向けて、2週間後には東京で緊急ミーティングです。
昨年11月にIFFTで発表した新作椅子のうち撮影が未だったgolondorina、通称ゴロンの撮影を新設された第2スタジオで行い、これで2017年度の活動はコンプリート。熱い2018年、2019年へ突入。

2018年2月8日木曜日

フライングソーサー 新・丁寧な店づくりプロジェクトの撮影(14)〈東京都中野区〉


半年ぶりのホームページ季節更新ビジュアル撮影のために、フライングソーサーへ。今回は、3シーズン用の3本撮り。徹子の部屋並みのハードスケジュールに、店長、山本さん、高萩さん、平田さんと共に立ち向かいます。日差しを受けて撮影用の豆苗が緑に輝くのを見ていると、フェイスブックで友達になってもらったあの人の曲が心に響いてきます。



午前中は予定に達成せず、午後の出だしもサクサクとはいかず、果たしてゴールにたどり着けるのかと不安に襲われることもありましたが、チームワークと店長が用意してくれた豪華ヘルシー弁当(デザートはいなり寿司)のおかげで完遂できました。あがりには、撮影のために作っていただたポタージュとオーブンポテト、いなり寿司をいただきました。

2018年2月7日水曜日

股旅社中って何だろう(14)〈東京都大田区〉


股旅社中の個別活動、創建舎丸晴工務店のデザインワークショップに参加。午後1時開始、およそ半日の日程ですが、中身が濃い。今回は現場でのデザイン検証はなく、ミーティングテーブルを囲んでの話し合いのみでしたが、とても力強く、実のある検討が行われていることを感じました。どがつくほど熱心。これが股旅社中活動か、と、改めて感心しました。



こんなことを問題視するのか、とか、そのアイデアを突き詰めるのか、目のつけどころの細やかさに驚きます。小さな改善が、家づくり全体の質の革新や、工務店のあり方を高めることに通じます。一朝一夕では解決しない難問、暗中模索の事案であっても、胸を張って取り組む創建舎+丸晴工務店の皆さんはたくましい。