2018年11月16日金曜日

大瀧建築の家づくりの話を伝えるプロジェクト(3)〈浜松市某所〉


大瀧建築プロジェクト。今回は、大工の皆さんと広報担当の取材撮影で浜松の事務所と仕事場を訪ねました。次期代表となる大瀧健太さんは軽やかに和やかに会話が弾むパーソナリティーの持ち主ですが、棟梁の大瀧義男さん、大工の大瀧雄也さんは口数が少ないということです。が、どうしてどうして、仕事のことや家づくりの芯の話を尋ねると、直球の答えをしっかり返してくれます。飾ったり辻褄を合わせたり、そういうことと対極の仕事一筋の大工だから、余計なことを言わない方々なのだと感じました。笑うときは、とっても優しく笑います。







今回の3回目の訪問で、大瀧建築像がかなりクッキリとしてきました。曽祖父から受け継いできた手刻みで建てる家づくりにひたむきで、立派な仕事をしているのに謙虚にして驕らず。穏やかだけど、芯は頑固というか強固。お客さんのいうことをよく聞いてつくるだけと言いながら、大瀧建築にしかできない家になっている。きっと、施主の方々もそんな家と相性のいい人柄の方々なのだろうと想像します。
ところで浜松といえばさユりのYAMAHAYOSHIKIの河合楽器など楽器メーカーが知られていますが、音楽の歴史を刻んだMC-8のローランドも浜松に本社を移していました。MC-8って、RYDEENのイントロでチキチキ鳴ってるあれです。化粧濃いな

2018年11月15日木曜日

IFFT インテリアライフスタイルリビング2018設営会場潜入〈東京都江東区〉


IFFTインテリアライフスタイルリビング開催の前日、設営が行われている会場に行ってきました。向かったのは宮崎椅子製作所のブース。今年も新作を揃えての展示。レギュラー選手の小泉誠さんは「C chair」。社内デザインは、宮崎悠輔さんが「TRI」、松岡拓哉さんが「comma」。二人のデビュー作が並びます。さらに、カイさんをはじめとする海外デザイナー勢の新作。これらを収録した新しいカタログと新企画のパンフレットも会場でお披露目となります。おいでなして〜。



もう一つの目的ブースは、AKI+。今年は村澤一晃さんに加えて、中村圭吾さんがデザイナーとして加わって新作を発表。秋月木工と村澤さんが一から開発したまっさらなダイニング家具salaシリーズ。中村さんが担当したのは人気のJYABARAとソファベンチを合体した新JYABARAアイテム。こちらもぜひご注目ください。どうしても会場に行けない方は、ウェブサイトでも新作がお披露目されてるほか、Instagramも始めました。フォロー、いいね、どうぞ!
ところで寄り道するなら、銀座・NISSAN CROSSINGいかがでしょうか。今ならGT-R50 by Italdesignが手で触れられるくらいの至近距離で見られます。 世界限定50台、お値段90万ユーロ。A月さん、車体の周りをぐるぐる見て回って、顔を赤らめてGT-Rに萌え萌えでした。

2018年11月13日火曜日

前衛工作家 藤本均さんの前衛なポスターづくり〈東京都渋谷区〉


夏の22の会で小耳にはさんでいましたが、前衛工作家の藤本均さんが、最新の前衛活動として地元笠間市で新しい社会活動に取り組もうとしています。そのサポートの一環として、エーランチはポスターづくりに参加させてもらうことになりました。



キーワードは「手」。手仕事に手弁当。前衛の「手」を伝えます。成果は12月上旬には判明するという緊急プロジェクトでもあります。
前衛といえば、1970年代にプログレッシブロックっというのがありましたが、ジェネシスなんかは80年代になるとヒットチャートにも登場していったい何が前衛なのか(おでこが前衛なのかフィルコリンズは好きですが)謎は深まり、クリムゾンとかピンクフロイドとかいいんだけど長くて疲れてしまうのがプログレ? まあ、誤解曲解だと自覚しますが、藤本さんの活動にふれ、前衛の理解が少しでも深まればと思う次第です。