2019年11月22日金曜日

秋月木工のAKI+プロジェクト2019〈徳島県徳島市〉


AKI+2019プロジェクトに参戦。秋月木工デザイナーの村澤さんは例年通りデザイン開発を進めていましたが、プロモーション計画は秋に緊急発進。今回はそれに関連して、撮影と打ち合わせを行うために徳島を訪ねました。


秋月さんとは、昨年11月にIFFTの会場で会って以来。工場を訪ねるのは1年半ぶりです。おや、工場もじわじわと雰囲気が変わっているような。そうです、秋月木工創業以来初の女性工場スタッフが入社されていました。男子校が共学化したような、なんとなくテキパキというかイキイキというか。
ショールームプロジェクトも着々と進行していて、伝えるための取り組みも、じわじわ盛り上がっています。

さて、クリスマスの話題もじわじわな今日この頃ですが、こちらではこの映画がいつでも全編鑑賞することができます。教授の俳優ぶりは何回見ても泣けてくるっちゃ。



股旅社中って何だろう(28)〈岐阜県関市〉


 またまた股旅社中の旅。今回は、岐阜県関市の杉山製作所をたずねました。秋の工場内展示イベントで、鉄家具のオープンワークショップが行われました。杉山製作所がオリジナル家具づくりで、椅子のデザイン開発に取り組んでまだ5年目ということでしたが、すでに10脚近い製品が発表されています。販売実績も良いようです。股旅社中のメンバーの間ではすでに定番化している椅子もあるほど。



今回までのワークショップの成果は、来年の春、ヨーロッパの家具見本市に単独出展するということです。5年目のホップ、ステップ、大ジャンプ。2019年の同見本市では、チームで出展した杉山製作所ですが、来年はいよいよソロデビュー。世界への出航、ボン・ヴォヤーーーーージュ!
出航といえば、さユりさんは「航海の唄」で世界デビューです。


2019年11月21日木曜日

丸晴工務店 デザインコミュニケーションの打ち合わせ〈川崎市多摩区〉


一見おっとりたおやかな丸晴工務店の濃沼さんですが、令和の大工工務店のデザインを伝えるぞ! と、熱いものが胸のうちにフツフツとしています。丸晴工務店がこれからどんな家をつくっていくのか、それをコミュニケーションしていくために、前回からの流れで二つのアイテムのデザインを担当させてもらいました。


地域に根づいた工務店の仕事を垣間見る機会が増えて、住まいには2通りあると感じるようになりました。孫子の代も住み続けることを考えて建てる家とそうでない家。代々受け継いでいく家をその土地に建てようと考えると、地域密着で木を巧みに使って建ててくれる丸晴工務店のような大工工務店にたどり着くのかな、と。それを令和の建主たちにどう伝えるか、濃沼さんと取り組んでいます。
令和といえば、令和初の紅白の出場者が発表されました。初出場の皆さんにも期待ですが、おはよう日本のキャスターでダーウィンが来た! のナレーションをされている和久田アナの総合司会に大注目。ヒゲじいも嬉しかろう。