2019年3月20日水曜日

大瀧建築の家づくりの話を伝えるプロジェクト(4)〈浜松市西区〉


大瀧建築プロジェクト。新しい動きがはじまります。今回は、股旅社中の仲間であるイシハラスタイルの石原さん、野沢工務店の野澤さん、園田椅子製作所の園田さん、デザイナーの村澤さん、そして股旅社中新加入のデザイナー、sailの中村さんも参加するという大賑わいのワークショップとなりました。大瀧建築が、ぐぐぐぐっと、新しい動きを始めます!



年末にゴール時期を設定した大瀧建築の新プロジェクトに、中村さんが股旅デザイン班として深く関わることになりました。新タッグでとりくむモノづくり蜜月が始まります。具体的なことはこの場でなく、大瀧建築ウェブサイトやブログで紹介されていきます。股旅社中メンバーのみなさん、どうぞご注目を。
このやらまいか精神を、やらまいか大使の織田奈那氏にもぜひ広く伝えていただきたいと願う次第です。


2019年3月15日金曜日

イシハラスタイルプロジェクトの打ち合わせ(14)〈愛知県西尾市・安城市・碧南市〉


イシハラスタイルの股旅ワークショップに行ってきました。今回は、デザイナーの村澤さんだけでなく、嘉エ門の都築さん、園田椅子製作所の園田さん、大瀧建築の大瀧さん、sailの中村さんが参加。大所帯のワークショップとなりました。前回まだ工事中だったリノベーション物件は、1週間前に見学会を終えて引き渡し直前。ああ、すごくいい。骨格がしっかりしているなら建て替えよりいいかも、リノベーションっていいな、と実感させてくれる空間でした。


午後はミーティング。イシハラスタイルからのお題が提示され、参加者全員でディスカッション。これが熱い。アツアツ。なぜこうも熱くなるのか振り返れば、イシハラスタイルのお題が熱いから。問題は、解くよりも何を問題とするか、それを考えるのが一番難しい。問題を見つけるということは道筋を見つけること、道筋が見つかればいずれ答えにたどり着くことができる。イシハラスタイルは、家づくりの道筋を考え続けています。

ミーティングの途中、イシハラスタイルのお客様がやってきて、お手製の編み物をプレゼントしてくれました。マフラー、帽子、手袋、ポーチ、トートバッグ。ありがとうございます!!! どれも素晴らしい出来栄え。周りを牽制しあいながら、皆であったかいプレゼントを分け合いました。家づくりを通じてお客様とこんな関係になれるというのも、イシハラスタイルの道を探る家づくりに共鳴してくれたからだと思います。素敵なお客様がいることが、仕事のいちばんの原動力、も改めて感じることができたワークショップでした。

2019年2月15日金曜日

股旅社中って何だろう(21)〈広島県尾道市・福山市〉


股旅社中活動の新しい取り組み、「股旅社中アワード」が開催されました。会員各社が1年間の股旅社中活動を振り返り、取り組みを発表し合うというイベント。ねらいは、その活動の目的、行ったこと、その評価を発表できるよう整理することで、各社の事業に股旅社中活動の効果を生かすことです。工務店会員、メーカー会員、それぞれ興味深い内容で、3時間近い発表時間があっという間に過ぎました。順位をつけることではないのですが、いちばん刺激を受けた発表に票を入れる互選方式で、第1回股旅社中アワードは、ベガハウスが選ばれました。



 二日目は希望者を募って鞆の浦で建築ツアー。鞆の浦を一望する高台の後山山荘。こちらは藤井厚二氏設計の建物を前田圭介氏/UIDが再生設計。昼食は、御船宿いろは。鞆の旧家をNPO鞆まちづくり工房らが再生したもので、その監修やステンドグラスのデザインは宮崎駿氏。なんでも鞆の浦は、「崖の上のポニョ」の舞台となった町だとか。ぽーにょぽーにょぽにょ♪
さらに、鞆まちづくり工房の方に引率してもらい、古い建物を再生したカフェと貸別荘を見学。町と暮らしを未来に残すためにどうするか、木造建築を通じてのその取り組みを体感させてもらいました。
股旅社中は決まりごととかわりとゆるくて、団体行動もなかなかゆるゆるですが、活動は極めて真剣で集まると切磋琢磨の熱気をすごく感じる素晴らしい団体です。
二日間にわたっての大成功のイベント運営は、沖田のみなさんにお世話になりました。大感謝。


2019年2月8日金曜日

テーブル工房kikiのほぼ月イチ来徳ミーティング(69)〈徳島県北島町〉


テーブル工房kikiほぼ月イチ来徳ミーティング。前回トホホなことをしてしまったスタッフルームの壁画、木村健治さんに施工してもらった干支のイラストに会うことができました。木村さん、感謝。フェイスブックでも大勢のいいねを集めていました。みなさん、ありがとうございます!! ラインスタンプをご購入くださったみなさん、ありがとうございます!!



ここでティーザー広告です。今年の前半、テーブル工房kikiから画期的な新製品がデビューする予定です。ここで口を滑らせても木村さんから咎められることはないでしょうが、お楽しみは先にとっておきましょう。と思ったら、フェイスブックですでに一部は紹介されていました。いいねの数は干支イラストより多いのね(T . T) 
デビューといえば美波さん、とうとうメジャーデビュー、そしてオリコン週間デジタルアルバムランキングで1位! 素晴らしい。


宮崎椅子製作所のCome on!徳島プロジェクト(48)の打ち合わせ〈徳島県鳴門市〉


宮崎椅子製作所Come on!徳島プロジェクト。今回の話し合いのメインテーマは、5月にスタートする新しいプロモーションについて。新しいルートに向かって、宮崎椅子製作所の新しい伝え方を探っていきます。新しいことに取り組むことで、ブランディングにも新しい道筋が見えてきたような感覚が湧いてきました。わくわく。



これに関連してツールづくりが大詰め。アレと、コレと、アレとアレは合体して、ソレは不足の写真を撮影して、と、頭の中がテンテコマイになりそうなのを整理しながら進めます。巻いてこ巻いてこー! 次回はいよいよ、平成最後のワークショップ。「平成最後の」というフレーズを初めてつかってみた。


2019年1月11日金曜日

イシハラスタイルプロジェクトの打ち合わせ(13)〈愛知県西尾市〉


2019年一発目の股旅ワークショップは、イシハラスタイルでスタート。村澤さんと共に訪ね、1件目はスケルトンリフォームの現場へ。お客様の要望をどう受け止めるか、造作家具のデザインを現場で検討。2件目は、仕上げ段階に入った新築物件で、タフなキッチンの新アイテムの完成品を検証。石原さん、智葉さん、村澤さんだけでなく、現場に関わる岸本さんと中根さんも加わり、問題点を厳しく細かく反省します。
「細かいことで誰も文句を言わないことでも、コレをちゃんと解決しないと先に進めないから」と、石原さんと村澤さんが同じ言葉で語っていました。


後半は、タフなキッチンに関するディスカッション。これまで引き渡しを済ませたいくつかの実例を体系的に見直して、タフなキッチンとは何かを明確にし、イシハラスタイルの道具のような家というコンセプトもより強固に構築しなおし、お客様像も明瞭に浮かび上がらせようという、話していてがっつり感を感じる、かなり本質的なディスカッションでした。がっつりする内容に達しないと、石原さんも智葉さんも納得しません。イシハラスタイルは、タフな工務店として突き進みます。


GS 箱の人プロジェクトの打ち合わせ〈東京都中央区〉


GSの新しいウェブマーケティング計画が始動しました。人呼んで、「箱の人プロジェクト」。この日のキックオフミーティングに集まったメンバーは、GSの大谷さん、渡部さん、卒業生の目黒さん。そして、パセリプロモーションのK野上さんとM濱さん。最強かよ、といいたくなるキャスティングです。

プロジェクトの内容については追い追いのご紹介になりますが、何といっても特徴的なのは、卒業生の目黒さんがセンターの座にいることでしょう。まずはインスタグラムのアカウントの動きをよくしていきます。収納と収納以外に興味のある方、どうぞフォローしてください。