2019年5月14日火曜日

イシハラスタイルプロジェクトの打ち合わせ(15)〈愛知県西尾市・岡崎市〉


イシハラスタイル股旅ワークショップに行ってきました。今回は、デザイナーの村澤さんと、嘉エ門の都築さん、sailの中村さんが参加。まずは全員で岡崎の石工団地、大島組へ。面白い石、変わった石、珍しい加工、ビミョーなもの、石材いろいろ。石原さんが思い描く新しいプロジェクトで共同したいと考えただけに、大島組は只者でない気配を感じます。いったいどんなものが生まれるのか、答えは夏頃にはもう形になりそうです。楽しみ。



タフなキッチンは、進化、探求を進めます。今回は、換気扇のあり方を施工中現場で検討。いまや新築物件ではレンジフードが標準のようですが、タフなキッチンを望むイシハラスタイルのお客さんには、壁付けのプロペラファンを望む人も多いのだとか。村澤さんもプロペラ推しです。簡潔に考え、簡潔に選べば、簡潔に取り付けられて排気能力が高いプロペラがいいでしょ、という発想。気密性が多少下がるなんてどーんとこい、と考えられる人は確かにプロペラ! タフなキッチン、すがすがしい。

2019年5月10日金曜日

大瀧建築の家づくりの話を伝えるプロジェクト(6)〈浜松市西区〉


大瀧建築のプロジェクトは、月イチ定例会を実行中。今回もsailの中村さん大瀧建築を訪ねました。「大工の自邸プロジェクト」が大瀧さんの頭の中で始まったのは数年前からとのこと。そして、そんな構想があること対外的に言うようになったのが1年ほど前。そして、その住宅プランを描き起こしたのが2か月前の打ち合わせのときでした。時間をかけてじっくりじっくり温めて、一気にゴールに到達することを目指して動きだしたプロジェクトです。



2か月前に初めて発表されたプランから大きく変わったわけではありませんが、先月、今回と打ち合わせを重ねる中でコンセプトを尖らせ、プランを改善するための変更がダイナミックに行われています。起伏に富んだ話し合いがなされれていることは、彩央里さんの顔に現れます。嬉しい方向が見えると嬉しい表情になり、ギモンを感じると表情はたちまち曇天模様。気持ちがまっすぐに顔に現れるのは、大事なコミュニケーション能力だと感じました。頼もしい!


2019年4月26日金曜日

大瀧建築の家づくりの話を伝えるプロジェクト(5)〈浜松市西区〉


大瀧建築のプロジェクトは、股旅デザイン班に新加入したsail・中村圭吾さんと浜松を訪ね、大瀧建築+sailの第1回ワークショップが行われました。テーマは「大工の自邸プロジェクト」。作業場・事務所の隣に、モデルホームにもなる大瀧建築の家づくりを表象する住宅をつくることに共同して取り組みます。


今年5月に代表を継承する大瀧健太さんの十年の計の第一歩ともいえる、重要プロジェクト。大瀧さんと中村さんの共同ワークは、かなり相性が良さそうです。お二人とも話の芯をがっちりとつかみながら、良いと思ったことは柔軟に素直に謙虚にどんどん受け入れ、取り組み事項の優先順位を明確に、その上でそれぞれの意見をしっかりと主張しあいます。広報の大瀧さんこと彩央里さんも、大瀧建築の女将さんの目線と姿勢でプロジェクトを動かしていきます。どんな大工の自邸になるのか、早くも楽しみです。



2019年4月10日水曜日

テーブル工房kikiのほぼ月イチ来徳ミーティング(70)〈徳島県北島町〉


テーブル工房kikiほぼ月イチ来徳ミーティング。今回のメインは、お昼ご飯! あれ、つい最近も同じことがあったような。デジャブ!?
木村健治さんと京子さんが用意してくれたランチは、向かいのひげシェフのランチ。メインのハンバーグとサラダとポタージュをkikiのスタッフルームに運ぶために、ばんじゅうまでつくってしまうところがスゴイ!




新しい時計のデザインや、全員ジャンプ大会やいろいろあったのですが、今回お伝えしたいことの一番は、「石ころテーブルまつり」です。なにかと話題になる今年のゴールデンウィークに、kikiでは小泉誠さんが一枚一枚描いてつくるishicoro-tableワールドが繰り広げられます。このイベントのために描き下ろした最新の石ころたち。分厚い無垢板を生かしたボン♡キュッ♡ボンな石ころたちと会うために、どうぞお出かけください。


宮崎椅子製作所のCome on!徳島プロジェクト(49)の打ち合わせ〈徳島県鳴門市〉



宮崎椅子製作所Come on!徳島プロジェクト。今回のメインは、お昼ご飯! という冗談のようなホントの話。いつもやっているデザインワークショップやプロジェクトミーティングだけだと、関わるスタッフが限られてしまう。ということで、今回は宮崎さんと厚子さんが美味しい鯛めし&豪華お弁当を用意してくれて、特設工場ダイニングホールで全員ランチ会です。


いつもは打ち合わせをしない方とも名前を呼びあって会話しながら食事をする。食事の時間だけでなく、何かを共有できたと思います。宮崎椅子製作所のことを誰かに伝えることがエーランチの本業ですが、こういう共有体験が実になっていくと感じました。その後は、小泉さんとエーランチでプロジェクターを使ってミニセミナーのようなことをやったのですが、皆さん前方への詰め寄り方がすごい。ちょっと下がってください、とアナウンスが飛び出るほど前のめり。ランチ効果か!



2019年4月8日月曜日

股旅社中って何だろう(22)〈東京都大田区〉


創健社デザイナーの村澤さんが行う股旅ワークショップに、丸晴工務店の濃沼さん、野沢工務店の野澤さんとともに参加しました。まずは、建築中の現場見学。都心の厳しい立地条件に対してさまざまな工夫をほどこして豊かな空間としていますが、工夫を工夫と感じさせない自然な居心地の良さです。これが創健社クオリティーか。



午後は股旅精品あれこれのワークショップ。住まい手の声、設計者、家具デザイナー、大工の視点を織り交ぜて開発、改良を積み上げてきた精品たちのゴールが見えた瞬間に立ち会うことができて、なんだかすがすがしい。そして、すぐさま新しい課題を掲げます。えっ、そんなことまで考えるんですか。問題になっていないことを問題視してみる。通常の業務をこなすだけなら手をつけなくていいようなことに立ち向かってみる。そんな姿勢も、股旅社中活動の一端だと感じました。

2019年3月20日水曜日

大瀧建築の家づくりの話を伝えるプロジェクト(4)〈浜松市西区〉


大瀧建築プロジェクト。新しい動きがはじまります。今回は、股旅社中の仲間であるイシハラスタイルの石原さん、野沢工務店の野澤さん、園田椅子製作所の園田さん、デザイナーの村澤さん、そして股旅社中新加入のデザイナー、sailの中村さんも参加するという大賑わいのワークショップとなりました。大瀧建築が、ぐぐぐぐっと、新しい動きを始めます!



年末にゴール時期を設定した大瀧建築の新プロジェクトに、中村さんが股旅デザイン班として深く関わることになりました。新タッグでとりくむモノづくり蜜月が始まります。具体的なことはこの場でなく、大瀧建築ウェブサイトやブログで紹介されていきます。股旅社中メンバーのみなさん、どうぞご注目を。
このやらまいか精神を、やらまいか大使の織田奈那氏にもぜひ広く伝えていただきたいと願う次第です。


2019年3月15日金曜日

イシハラスタイルプロジェクトの打ち合わせ(14)〈愛知県西尾市・安城市・碧南市〉


イシハラスタイルの股旅ワークショップに行ってきました。今回は、デザイナーの村澤さんだけでなく、嘉エ門の都築さん、園田椅子製作所の園田さん、大瀧建築の大瀧さん、sailの中村さんが参加。大所帯のワークショップとなりました。前回まだ工事中だったリノベーション物件は、1週間前に見学会を終えて引き渡し直前。ああ、すごくいい。骨格がしっかりしているなら建て替えよりいいかも、リノベーションっていいな、と実感させてくれる空間でした。


午後はミーティング。イシハラスタイルからのお題が提示され、参加者全員でディスカッション。これが熱い。アツアツ。なぜこうも熱くなるのか振り返れば、イシハラスタイルのお題が熱いから。問題は、解くよりも何を問題とするか、それを考えるのが一番難しい。問題を見つけるということは道筋を見つけること、道筋が見つかればいずれ答えにたどり着くことができる。イシハラスタイルは、家づくりの道筋を考え続けています。

ミーティングの途中、イシハラスタイルのお客様がやってきて、お手製の編み物をプレゼントしてくれました。マフラー、帽子、手袋、ポーチ、トートバッグ。ありがとうございます!!! どれも素晴らしい出来栄え。周りを牽制しあいながら、皆であったかいプレゼントを分け合いました。家づくりを通じてお客様とこんな関係になれるというのも、イシハラスタイルの道を探る家づくりに共鳴してくれたからだと思います。素敵なお客様がいることが、仕事のいちばんの原動力、も改めて感じることができたワークショップでした。

2019年2月15日金曜日

股旅社中って何だろう(21)〈広島県尾道市・福山市〉


股旅社中活動の新しい取り組み、「股旅社中アワード」が開催されました。会員各社が1年間の股旅社中活動を振り返り、取り組みを発表し合うというイベント。ねらいは、その活動の目的、行ったこと、その評価を発表できるよう整理することで、各社の事業に股旅社中活動の効果を生かすことです。工務店会員、メーカー会員、それぞれ興味深い内容で、3時間近い発表時間があっという間に過ぎました。順位をつけることではないのですが、いちばん刺激を受けた発表に票を入れる互選方式で、第1回股旅社中アワードは、ベガハウスが選ばれました。



 二日目は希望者を募って鞆の浦で建築ツアー。鞆の浦を一望する高台の後山山荘。こちらは藤井厚二氏設計の建物を前田圭介氏/UIDが再生設計。昼食は、御船宿いろは。鞆の旧家をNPO鞆まちづくり工房らが再生したもので、その監修やステンドグラスのデザインは宮崎駿氏。なんでも鞆の浦は、「崖の上のポニョ」の舞台となった町だとか。ぽーにょぽーにょぽにょ♪
さらに、鞆まちづくり工房の方に引率してもらい、古い建物を再生したカフェと貸別荘を見学。町と暮らしを未来に残すためにどうするか、木造建築を通じてのその取り組みを体感させてもらいました。
股旅社中は決まりごととかわりとゆるくて、団体行動もなかなかゆるゆるですが、活動は極めて真剣で集まると切磋琢磨の熱気をすごく感じる素晴らしい団体です。
二日間にわたっての大成功のイベント運営は、沖田のみなさんにお世話になりました。大感謝。